6月23日 大川小学校 語り部ガイド 「生き延びる未来を手に入れよう!」

大川小学校で行われた語り部ガイドに再び足を運んだ。亡くなった74人の子どもたちの遺族を中心にした「大川伝承の会」の主催で、通算で24回目。毎回多くの方々がこの地に足を運ぶ。この日は、貸し切りバスで茨城からやって来た40人の団体など100人余が参加した。 共同代表の佐藤敏郎さんがこう語りかけた。佐藤さんは当時6年生だった娘さんを亡く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月20日 仙台市蒲生 ”在宅被災者のきづな” 8年続く「手仕事グループ」

宮城野区蒲生の民家の一室で5人のご婦人たちが、手作りの腕カバーの袋詰め作業に追われていた。「つぎはぎすべっ茶」、仙台弁で”つぎはぎしましょう、お茶を飲みながら”という手仕事グループの定例会だ。腕カバーはシャツの袖口がぬれたり、汚れたりしないよう袖口を覆うもの。はぎれを縫い合わせて作った。30セットの注文が舞い込み発送準備をした。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月2日 Intermezzo 仙台シンフォニエッタ演奏会 コントラバスの音色が聴衆魅了

仙台シンフォニエッタの第42回演奏会が開かれた。東日本大震災直後に1回休止したのを除いて、1998年の設立以来年2回の演奏会を重ねてきた。今回は管楽器の応援をいただいて、シンフォニーを中心としたプログラムだ。私はこのオーケストラの代表を務めている。 メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟」で幕を開けた。若い頃スコットランドのヘブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more