7月17日 仙台市荒浜 被災地の実情語り継ぐ若者たち 高校生たち今年もやって来た

きょうは「海の日」、高校生41人が貸し切りバスで仙台市荒浜に着いた。茨城県立取手第一高校が続けている「東北復興支援バスツアー」の一行で、4回目の訪問だ。今回は茨城県がバスのチャーター代を補助してくれたので、参加者は去年より10人余り増えた。隣接の藤代高校からも2人が参加した。元住民たちでつくる「荒浜再生を願う会」のメンバーが出迎えた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

7月6日 石巻市雄勝 中心部の移転団地・宅地引き渡し~人口急減の中ようやくまちづくりスタート

石巻市雄勝の伊勢畑(いせはた)地区で進められていた集団移転団地の造成が終わり住民に宅地が引き渡された。雄勝湾を見下ろす山を削り、階段状に整備された広さ1,7ヘクタールの団地だ。雄勝総合支所で引き渡し契約書の署名を終えたあと、新しい宅地を確認するため現地に足を運ぶ住民もいた。なかには、知り合いが参列して地鎮祭を行った住民もいた。さっそく自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月1日 仙台市蒲生 日本一低い山・日和山の山開き 防潮堤できたらどうする?

蒲生干潟を見渡す海岸べりにある日和山は標高3,0メートル。国土地理院から「日本一低い山」と認定されている。震災後の2014年から、地元の高砂市民センターなどの主催で、日本一高い富士山と同じ日に山開きが再開された。 登山口は、6年前の震災当日多くの住民が逃げ込んで助かった、旧中野小学校の跡地。ここに集合した150人近い参加者は、区画整理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日 名取市 「閖上らしい暮らしを取り戻したい」 戻り始めた住民たち

広大な土地に高さ5メートルの盛り土をして造成が進む名取市閖上地区。中央団地と呼ばれる地区の一角に新しい住宅が完成し、宅建業者から引き渡しが行われた。愛島東部の仮設住宅団地の役員をやりながら、語り部活動を続けてきた長沼俊幸さん(54)の新居だ。真新しい白い壁がまぶしい。 周りには同じように自主j再建した住民がおよそ10世帯。いずれも、海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月20日 仙台市井土 ふるさとの生態系よみがえる メダカがいる畑で野菜づくり

仙台市若林区井土に、丹野明夫さん(67)の農園を訪ねた。メダカの保護・再生に取り組む「メダカの里親の会」の会員。内陸部の今泉地区に住むが、井土の出身だ。実家の裏にひろがる20アール余りの畑を「井土メダカの里農園」と名付けて野菜をつくっている。 入り口には小さな池が2か所。それぞれ200匹ほどのメダカが泳いでいる。池のなかには田んぼのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月14日 仙台市新浜  メダカを田んぼに放す~仙台平野の一角にかつての生態系

仙台市宮城野区新浜、ふたたび遠藤環境農園へ。メダカ米の田植えから1週間余、いよいよメダカを水田に放流する。農薬を一切使わない水田にメダカを泳がせ、安全安心なだけでなく生物多様性とも共生した米作り。遠藤源一郎さん(65)がこだわり続けているのが「仙台岡田メダカ米」だ。 水槽や池の中で一冬を過ごしたメダカを小さな網ですくい出した。「メダカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月11日 仙台市新浜  貞山運河に渡し船 ”浜ににぎわいを!”

仙台市宮城野区新浜地区。貞山運河=新堀に全長5メートルほどの渡し船が浮かんだ。「渡し船とフットパス(小道、散策路)」というイベントの一こま。地元の町内会と民間団体、貞山運河研究所が主催した。渡し船は地元町内会の顧問、瀬戸勲さん所有の漁船「はるか丸」を転用した。両岸に張り渡したロープをたぐって、対岸に渡す。 ライフジャケットを着た参加者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月7日 多賀城市 石炭火発 報道陣しめ出して説明会~住民軽視の姿勢変わらず

仙台港で今月中にも試験操業を始める、出力11万2000kwの石炭火力発電所=仙台パワーステーション(以下仙台PS)。関西電力と伊藤忠商事の子会社が運営する。発電所に近い多賀城市八幡(やはた)の公民館で説明会を開いた。会場周辺は異様な雰囲気。仙台PSの職員が陣取り、訪れた報道各社を「入場お断り」と追い返していた。私も入場を断られた。「報道…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

6月6日 仙台市新浜 多様な生物と共生・「仙台メダカ米」の田植え

仙台市宮城野区新浜地区、4年前から「メダカ米」の栽培に取り組んでいる「遠藤環境農園」の水田で、ひと月ほど遅い田植えが行われた。農薬を一切使わない水田にメダカを放して泳がせ、安全・安心なだけでなく、仙台平野に根付いていたはずの生物多様性とも共生した米づくりを目指すのが「仙台メダカ米」。 田植えが遅いのには訳がある。仙台平野では5月の連休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月3日 Intermezzo 森まゆみ「暗い時代の人々」 現代に生きる私たちの覚悟を問う

何しろ、「教育勅語にもいいところがある」という言説が政治の場で平然と横行する時代である。言うまでもなく、”一朝ことがあれば天皇に一身を捧げよ”ということを国民=臣民に教え込むのが本旨である。安保法制や特定秘密保護法の強行成立。さらに、政権は共謀罪法の強行採決を目論んでいる。 危うさに満ちたこの時代を生きる私たちの覚悟を問う書に出会った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月28日 仙台市蒲生 石炭火力発電所へ 市民が抗議のパレード

仙台市蒲生地区で建設がすすむ出力11万2000KWの石炭火力発電所、仙台パワーステーションに向けて60人余りの市民が徒歩で向かった。手に手に、「環境を守ろう」、「「杜の都を石炭の都にするな」などと書かれた風船を持っている。 仙台パワーステーションは関西電力と、伊藤忠商事の子会社が設立した。コストの安い石炭を燃やし、電力は首都圏に送る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月21日 名取市閖上 広大な造成地にようやく住民の姿~コミュニテイの形成が課題

写真;三角屋根の住民は、もっとも早く今年2月に入居した。「買い物できる施設がないのが不便」と訴える。 およそ5メートルの盛り土をして住宅用地の造成がすすむ名取市閖上地区。様々な曲折を経て、居住する計画人口2100人を目標に工事が始まったのは2014年10月だった。震災から6年、造成地の東端に近い地区にようやく自宅を再建して住民が住み始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月20日 仙台平野の”農”に学ぶ サツマイモの苗植えを体験

写真上;田澤紘子さん提供。仙台市荒浜地区の畑で、サツマイモの苗を植える体験教室が開かれた。仙台市東部で震災の被害を受けた町内会などでつくる「せんだい東部復興市民会議」が主催。普段は農業とは無縁な家族連れなど20人近くが参加した。 用意されたのは春先から種イモから育てて、20センチほどに成長した「ベニアズマ」の苗。参加者のほとんどが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月12日 仙台市  震災遺構・荒浜小に人の波 「残し、伝えること」の大切さ 

津波が襲った午後3時55分で止まったままの時計。体育館にあった。校舎2階の海側のベランダの鉄柵はねじ曲がり、一部が流された。震災遺構に指定され、一般公開が始まって10日余の荒浜小学校に足を運んだ。ウイークデーだが多くの人が訪れていた。市営バスも先月からここまで乗り入れ、1時間に一本程度運行し始めた。 荒浜小学校は海岸から700メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Intermezzo(4月29日) 仙台・定禅寺通り  若葉の下で「一箱古本市」

あっという間にサクラ前線が北へ去った。代わって定禅寺通りのケヤキの柔らかい若葉が芽吹いた。大型連休初日のこの日、恒例の「定禅寺ブックストリート・一箱古本市」に参加した。NPO法人「あったかこころねっと」が主宰、思い思いに所蔵本を持ち寄り遊歩道に17の古本屋が並んだ。我が家は2012年以来、6回目の参加。今年も「さくら書店」の店名で店開き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月27日 石巻市雄勝 ”北限のオリーブ”植える 被災地を緑に

石巻市雄勝町にある「ローズファクトリーガーデン」に隣接した市有地で、オリーブの苗木の定植作業が行われた。作業には市役所の職員や、住民たち、それにボランテイアで参加した研修中のハウスメーカーの新入社員など総勢90人が参加。110本のオリーブを40アールほどの土地に植えた。 石巻市では地域の造園業者や住民たちと「北限のオリーブ研究会」をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月23日 石巻市十三浜 ”被災地ににぎわいを”住民たち 「手づくり市」開く

石巻市北上町追波(おっぱ)で、住民たちが「手づくり市」を開いた。北上川の左岸、国道398号線近くに建つ「復興まちづくり情報交流館・北上館」の駐車場が会場。テント張りの屋台に農家の人たちが育てたトマトや長ネギなどの農産品、クラフトグループがつくった羊毛フェルトの手芸品などが並んだ。温かい豚汁は1杯150円、焼きそばやホタテご飯なども屋台を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月2日 仙台港 ”杜の都を「石炭の都」にするな” 相次ぐ石炭火力発電計画に反発

仙台港にまた一基石炭火力発電所が建設されようとしている。仙台港の高松ふ頭に四国電力と住友商事が出力11万2000KWの「仙台高松発電所」(仮称)を建設する計画だ。2018年度後半に着工、2021年度前半の稼働開始を目指している。市民向けの説明会が開かれ、およそ150人が参加した。 事業者側は「被災地の復興に貢献したい」と前置きした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月27日 被災地に生まれた震災文学 佐佐木邦子・「黒い水」を読む

仙台在住の著者、佐佐木邦子さんは昨年9月、病に倒れ亡くなった。68歳だった。1985年に発表した「卵」は芥川賞候補作に選ばれた。その後仙台を拠点に執筆活動を続けていた。「黒い水」は2012年1月「仙台文学」79号に発表、その後単行本として出版された。以前から読みたいと思っていたが、先ごろ立ち寄った書店に1冊あったのを見つけた。 東日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月11日  ”6年目の祈り” モーツアルト・レクイエムで捧げる

写真はいずれも、前東北大学医学部教授の湯浅涼さん撮影。2017年3月11日、仙台市・電力ホール。 6年目の3・11、今年も私たちは「祈りのコンサート」で犠牲者を追悼し、地域の再生を祈った。M9,0、あの巨大地震が発生した午後2時46分、客席、ステージの全員が黙とうを捧げた。『あの日は雪の舞う寒い日でした。その冷たい海水のなかでおよそ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more