6月21日 仙台市荒浜 ”被災した海岸林の再生を地元由来のクロマツで” 住民たちが植樹

林野庁が「海岸防災林再生事業」をすすめている荒浜地区の植栽地。強い海風を防ぐ柵が周りを囲んでいる。震災前は国有林の松林があったので、地名は北官林(きたかんりん)と呼ばれていた。名取市の住民団体「ゆりりん愛護会」のメンバー10人がクロマツの苗250本を植樹した。 30センチほどに育った2~3年生のクロマツの苗を、1メートルの間隔を置いて…
コメント:0

続きを読むread more

6月11日 気仙沼市階上 ”震災を語り継ぐ” コロナ禍で休止の語り部再開

東日本大震災で波路上杉ノ下(はしかみすぎのした)地区では住民312人のうち93人が亡くなった。元住民たちでつくる語り部部会のメンバーが、慰霊碑と展望タワーのある防災公園で活動を再開した。この日は研修に訪れたNHK仙台放送局に配属された新人職員ら15人が耳を傾けた。活動は昨年の7月11日から、11日の月命日ごとに続けてきた。冬場をはさんで…
コメント:0

続きを読むread more

6月1日 石巻市雄勝 「雄勝硯伝統産業会館」10年ぶり再建・オープン~伝統工芸をどう継承する?

国指定の伝統的工芸品・雄勝硯を展示・販売し、地域活性化の拠点にしようという「雄勝硯伝統産業会館」が再建され一般公開が始まった。東日本大震災で大きな被害を受け取り壊されて以来10年ぶりである。防潮堤に匹敵する9メートルの高さにかさ上げされた海沿いの土地につくられた。冒頭の写真は展示コーナーにある「日本一の硯」。幅76センチ、奥行き156,…
コメント:2

続きを読むread more