2月9日  蒲生干潟を見守って50年 ”次世代に引き継ぐには?”シンポジュームで熱い議論

DSC_0452.JPG七北田川の河口に拡がる蒲生干潟の多様な動植物の保護・観察の活動を続けてきた「蒲生を守る会」の結成50周年を記念するシンポジュームが開かれた。主催者の予想を上回る120人余が参加した。
1970年仙台港の建設で干潟が埋め立てられることに危機感を抱いた、仙台市の主婦・木村フジさんが呼びかけたのが結成のきっかけだった。会の活動が実って干潟は一部残され、国の特別鳥獣保護区に指定された。「守る会」が主催する自然観察会は通算185回を数える。冒頭の写真は2019年5月18日の観察会。

試練は2011年3月11日の東日本大震災だった。大津波で砂浜がことごとく流された。直後の光景を熊谷佳二(けいじ)さんは「そこに見慣れた風景はなかった。生命の宝庫といわれた干潟は、黙りこくった沈黙の干潟だった」。レイチェル・カーソンにならってこう表現した。
しかし、自然の回復力は目覚ましかった。2013年8月3日、震災後初めて行われた自然観察会ではダイサギ、カワウなどの鳥類が確認された他、ハマヒルガオなどの海浜性植物が回復し始めていた。コメツキガニの求愛ダンスが参加者をなごませた。
137566146805313208768_003[1].jpg震災後初の自然観察会(2013年8月4日)
絶滅危惧種で、震災で姿を消したのではと見られていた巻貝のフトヘナタリもわずかずつだが確認された。
DSC_0274.JPG
震災後の鳥類の生息状況について佐場野裕さんと、上村左知子さんが興味深いデータを報告した。
〇ガン・カモ類、シギ・チドリ類:震災直後は種類・個体数とも震災前に比べ激減したが、2014~15年には逆に震災前を上回った。「回復のピーク期」といえる。
ところが防潮堤の工事や、後背地での区画整理にともなう工事が本格化する2016年を境に、再び減りはじめ震災前を下回っている。「再減少期」といえる。
〇カモメ類:震災直後は震災前の半分以下に減少したが、2014~15年には震災前の9・6倍まで増えた。ところが2016年以降は減少に転じ、2018~19年は震災前の15パーセントと著しく減少している。カモメ類が休息する七北田川河口付近の工事が本格化したためと考えられる。
171210蒲生のコクガンbbb (34)fy (002).jpg写真:河口付近でくつろぐコクガン(川島左右喜さん撮影、2017年12月10日)
〇コクガン:環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されている希少種だが、震災前の10年間は飛来数はわずかだった。サーファーや釣り人の増加が要因と考えられる。ところが震災を境にして飛来数が増え始め、2018年のシーズンには115羽を確認した。100羽を越えたのは1980年代以来のことだ。他の東北各地の沿岸で復興工事が本格化し飛来地が減ったためとみられる。
しかし、防潮堤の工事が行われる場所を避けて、飛来地を河口の左岸から右岸に変えるなども観察した。コクガンの飛来を妨げないよう慎重な工事の進め方が求められる。
DSC_0237.JPGDSC_0288.JPG写真上:後背地では日々、進出企業の事業所の建設がすすむ(2020年2月7日)。下:シンポジューム後半のパネルデイスカッション。
「自然の大きなかく乱を受けたながらも自立的な再生をは果たしてきた干潟の生態系は、今大きな人為的なかく乱にさらされている」熊谷佳二んは震災以降の蒲生干潟の変遷をこう総括した。
干潟の保全を官民一体ですすめようと設けられた「蒲生干潟自然再生協議会」が、再開に後ろ向きな行政側の姿勢でいまだに休止している実情も明らかにされた。

後半では蒲生地区の元住民や、福岡市の和白(わじろ)干潟を守る会の代表らを交えてパネルデイスカッションが開かれた。
「自然とどう付き合って豊かな暮らしを築いていくか、蒲生干潟はそのことを考えさせてくれる場だ」、「蒲生地区は自然だけでなく豊かな歴史や文化が根付いていた、そのことを子どもたちに伝えたい」。
なかには「干潟の動植物を研究・調査して私たちはほとんど絶滅危惧種に等しい」さめた声があった反面、「だからこそこうした貴重な自然を次の世代に受け継いでいく努力が必要だ」とか、「行政の担当者が一人も出席しないのは寂しい」。フロアからはこんな声が上がった。主催者によると東北地方環境事務所や、仙台市役所の職員が個人に立場で参加したが発言するなどの場面はなかった。
DSC_0262.JPG写真:導流提近くに羽をやすめる水鳥(2月7日撮影)。
一人の主婦の呼びかけで始まった「蒲生を守る会」の活動。代表を置かない、定まった会費もないというユニークな集まりだが、豊かな自然に心を寄せる多くの市民の想いに支えられて50年を走り通し、51年目の歩みが始まる。
この熱意に今こそ行政は応えるべきだ。(了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント