8月2日 仙台港 新たなバイオマス発電計画 環境悪化を心配する住民から撤退要求の声

仙台港に住友商事が11万2000kwのバイオマス発電所・(仮称)仙台高松発電所を建設する計画だ。この説明会が隣接する多賀城市で開かれ、およそ70人の住民たちが出席した。当初、この発電所は四国電力と共同で石炭を主燃料に、木質バイオマスを30パーセント程度混焼する方式で計画された。これに対して仙台市が木質燃料の割合を増やすなどの意見書を付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more