10月7日 Intermezzo 仙台シンフォニエッタ演奏会 オーボエ・ヴァイオリンの音色が魅了

画像
仙台シンフォニエッタの第41回定期演奏会が開かれた。前回、設立から20年目の節目の演奏会から、また一歩踏み出したことになる。設立時の原点に立ち返り今回は弦楽中心のプログラムだ。

ヴィヴァルデイ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」から「秋」で幕を開けた。季節に合わせ選曲した。ソリストは仙台フィルハーモニー管弦楽団の若手奏者・小山あずささん。イタリアの澄んだ青空を思わせるヴァイオリンの音色が会場に響き渡った。小山さんが時折交えるアドリブの装飾音を、バックの私たちも楽しみながら演奏した。

中間楽章は秋祭りで酔いつぶれた人々の眠り。バロック音楽なので、プルト数(演奏者席)を減らさなければとも思ったが、チェンバロの分散和音が十分響いた。
そして、勇壮な「狩り」を表した終楽章。小山さんのヴァイオリンはあくまでも爽やかだった。

バッハのオーボエとヴァイオリンのための協奏曲では、小山さんに加え仙台フィル首席奏者の西澤澄博さんが登場した。
第1楽章は上向・下降を繰り返す音型を2つの独奏楽器が歌いかわす。ヴァイオリンは時折分散和音のパッセージを演奏するが、決して伴奏音型ではなくソロのメロデイとして浮き上がってくる。中間楽章はオーケストラのピッチカートに乗って、オーボエとヴァイオリンがゆったりと流れるようなメロデイを歌い継いでいく。バックの私たちも思わず聞きほれてしまう。

終楽章はふたたびアレグロ。2拍子の軽快な踊りの音楽だ。中間部でヴァイオリンが6連音符の難しいパッセージを弾くが、踊りのリズムは崩れない。終盤やや崩れかけたオケもソロのお二人に救われた。
小山さん、西澤さんのお二人にブラヴォー!

バッハには、同じメロデイで2つのチェンバロ用に編曲した協奏曲もある。このオーボエ・ヴァイオリン版が原曲だとされるが、楽譜が失われた。チェンバロ版から復元したものだが、やはりこの原曲が2つのソロの音色が好対照で名曲である。
画像
画像

西澤さんが再びステージに立った。アンコールはエンニオ・モリコーネの「ガブリエルのオーボエ」。あの「ニューシネマパラダイス」の映画音楽の作曲者である。拍手鳴りやまない。

後半は近代の作品を2曲演奏した。
エルガー;弦楽のためのセレナードは3年目の結婚記念日に奥さんに贈ったという。イギリス第二の国歌ともいわれる「威風堂々」で知られる作曲者の魅力的な小品である。
とりわけ、夢見るようなメロデイにあふれた第2楽章;ラルゲットは、若々しい情熱を感じさせる。

仙台シンフォニエッタは近年チェロなどの低弦グループが充実してきたのに対し、ヴァイオリン特に1stの強化が課題だった。今回は2人の新戦力が加入し、休団していた方が戻ってきた。かつてのアンケートに「ステージの右側(低弦グループ)はともかく、左側がどうも」と、書かれた屈辱は少しは挽回できたものと思うがどうだろうか。

最後はレスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア。記憶に間違いなければ5回目のリベンジである。
それなりに進化した演奏ができた。第1曲の「イタリアーナ」からはじまって、「宮廷のアリア」、「シチリアーナ」まではこれまでになく、曲想も全メンバーが共有し、集中して演奏できた。
終曲「パッサカリア」はそうとはいかなかった。和音の連続をどう弾きこなすか、高いポジションの音程は?
課題は残った。6回目のリベンジに向け目標が持てた。前向きにとらえようと思う。

前代表の田所正路さんが亡くなったのはちょうど1年前だった。追悼の想いを込め、アンコールにバッハの「アリア」を演奏した。
画像

今回の演奏会でjはPRのためのチラシを4000部つくった。このうち2000部は、時期の近接した演奏会のプロ
グラムに挟み込むという努力を初めてやった。会場の東北大学川内萩ホールには400人近くが来場した。期待したほどの増加ではなかったが、会場で書いてもらったアンケートでは3割の方々が「チラシで知った」と答えた。効果は確かにあった。

年2回の演奏会のうち1回はシンフォニー中心で、もう1回は弦楽中心というスタイルが定着して久しい。しかし、弦楽中心のプログラムをどう組むかは実は難問だった。この分野の曲は限られており、なかにはアマオケには手の届かない難曲も多いからである。
とりわけ「原則、降り番なし」という私たちには、編成の小さいバロック音楽に取り組むのには躊躇があった。しかし、今回プルト数を減らさなくてもバロック音楽を演奏できることが判明した。

聴衆の皆さんに喜んでもらえ、同時に演奏する私たちもアンサンブル力を鍛えられるプログラム。今後はこうした方向も目指したい。
次は来年・2019年3・11の「祈りのコンサート」。6回目のモーツアルト・レクイエムを演奏する。(了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック