10月13日 女川町の水産業復活へ カタールの支援で大型冷蔵庫完成  日本政府の支援は何故ない?

画像

水産業の町、女川町に水揚げした水産物を冷凍保存する大型冷蔵庫が完成した。中東の産油国、カタール政府が20億円の建設資金を援助、日本財団が仲介した。地元の水産加工業界が、喉から手が出るほど待ち望んでいた施設だ。
施設は3階建て。1階はピロテイ構造で、津波が来襲すると外壁パネルが外れて波の圧力を受け流す。2階には貯蔵能力6、000トンの冷蔵庫を備える。さらに、3階は避難場所として食糧や、飲料水の備蓄倉庫が設けられる。

女川町は水産業と、水産加工業が地域経済を支えてきた。特に、さんまは全国有数の水揚げ高を誇っていた。3月11日、18メートルの大津波が町の中心部を襲った。漁港施設だけでなく、水産加工関連の施設の70パーセントが壊滅した。
岸壁は地盤沈下したままだが、漁港は仮復旧した。自動製氷施設もこの7月には完成し、魚市場はテント式の仮の建物ながら水揚げを再開している。市場を川上に、それに繋がる水産加工の復活に一番必要なのが、大型冷蔵庫だった。サプライチェーンの大元となる施設だからだ。
画像
画像

この日、カタール政府の代表や、地元の水産業界の関係者らおよそ100人が出席して完成を祝った。施設は、マスカー(MASKAR)と命名された。アラビア語で、カタールの伝統的な漁法を意味する。施設は来週、15日から操業を開始する。
関係者はこの施設の操業で600人余りの雇用と、130億円の経済波及効果を生むと期待している。地域再生の鍵は遠く、中東のオイルマネーからもたらされた。マスカーを運営する女川魚市場買受人協同組合の関係者は、これで女川の地域経済は大きく前進すると、手放しで喜びを語った..
関係者の喜びはひとしおだ。素直に喜びを共にしたい。一方で、肝心の日本政府が地域再生の鍵とも言える事業を
何故支援できなかったのかという疑問が頭に浮かぶ。
19兆円の復興予算の多くが、被災地とおよそ関係のない所や、事業に投じられていることが明らかになったばかりだ。例えば、経産省は被災地と無縁の企業に3000億円もの補助金を出していた。カタールからの20億円の支援は確かにありがたい。感謝もする。しかし、日本政府のこの程度の支援をする財政的な余裕がないとは、決して言わせない。
女川湾から吹いてくる海風を頬に受けながら、この国の政治、中央官t僚の機能不全を改めて思った。
この日の朝日新聞の朝刊は、さすがに財務省が復興予算を被災地中心に使うよう見直すことになったと伝えた。
遅きに失したが、当然のことだ。
そもそも、この問題は筆者の古巣NHKの後輩たちがNHKスペシャルで明らかにした。9月9日放送の「追跡!復興予算19兆円」である。優れた調査報道だった。当ブログでは後輩たちの健闘に敬意を表した。新聞、民放の各社が後を追って報じた。見逃せない問題であり、当然の成り行きだった。
ただ、問題に火を付けた肝心のNHKが、その後の経過を積極的に報じていないと感じるのは筆者だけだろうか?
筆者の見落としか、思い違いであれば幸いである。

言うまでもないが、ジャーナリズムは民主社会が正常に運営されるよう、ゆがみや、誤りがあれば告発することを
使命とする。政治の誤りが正されるかどうかを、見届けることもその一つである。
栄えあるホイッスル・ブロウワーの役割を果たした、筆者の古巣の後輩たちのさらなる健闘を祈る。
画像
画像

実は今回は、畏友で元共同通信記者、現在日本財団のアドバイザーを務める、石井克則氏と一緒の取材行だった。女川へ向かう途中、石巻市雄勝に足を伸ばした。人の気配のなくなったまちに、そば屋ののぼりがはためいていた。
当ブログの8月27日の項で紹介した、”こだわり”のそば屋「てらっぱだげ」である。当時はまだ建設中だった。先月下旬に開店した。
午前11時と少々早い時間だったが、用意はできていると店主の千葉正人さん。石井さんともどもざるそばを頼んだ。北海道産の新そばを使った、手打ちそばはほんのり甘みがある。つゆも辛らめの江戸前風で筆者の好み。美味しかった。
店はこのあと大きな薪ストーブを取り付けるなど、工事はまだ進行中だという。暫定の開店なのでメニューがまだざるそばだけだと千葉さんは頭をかくが、こだわりの手打ちそばは充分堪能できる。
雄勝の街の再生を共に祈りながら、店を後にした。(了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 10月13日 女川町の水産業復活へ カタールの支援で大型冷蔵庫完成  日本政府の支援は何故ない? 震災日誌 in 仙台  /ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 04:55