震災日誌 in 仙台  

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月14日 牡鹿・表浜 ”総意得られた” 知事が3日で白紙に 行政の劣化ここまで

<<   作成日時 : 2018/02/14 23:15   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
写真:表浜漁港(2月10日撮影)。
牡鹿半島の表浜に宮城県は高さ6メートル、総延長700メートルの防潮堤を計画しているが、住民の間には「海が見えなくなる}などと反対の声が強い。宮城県は今月10日、説明会を開いた。席上、宮城県の担当者は予定していた住民のアンケート調査を取りやめるとともに、防潮堤建設について「住民の総意が得られた」として、6メートルの防潮堤計画を進めると表明した。
出席した住民の反対の声があがる中で突然の表明だった。(当ブログ、2月10日の項参照)

13日。宮城県の村井嘉宏知事は定例会見で「出席した住民が12人という中で、”総意(合意)が得られたというのはやや拙速fだ。アンケートによらない方法で改めて住民の意向を聞くよう指示した」。
こう述べて10日の説明会で表明した方針を白紙に戻した。

住民の意向調査をふまえ、計画実施については知事が最終的に判断する。このように述べるとともに、6メートルの高さは変えないという考えを強調した。

行政の暴走はとりあえず押さえられたが、今回の迷走ともいえる経過には防潮堤をめぐる行政のひずみがが集中的に凝縮されている。
画像
画像
写真上:2月10日の住民説明会(JF表浜支所)。下:隣接する給分浜漁港。6メートルの防潮堤が港を囲み、道路から海の様子は見えない(2月10日撮影)
@”賛成”ととれる発言をとらえて、”合意”とまとめる行政の手法。
意見交換会で住民側からの発言が途絶えたり、”賛成”の意見が少しでもあると、行政は”おおむね住民合意が得られた”とまとめ、事業実施に踏み切って来た。こうした光景を何度も目にしてきた。
10日の住民説明会も基本は同じだが、いくつかの点で突出していた。

高さ6メートルは変えられないとの答えにいらだったある住民が「それなら勝手にしろ」と発言した。これを”合意”と解釈するのはおよそ無理がある。
唯一、漁協の関係者が「この前も1メートルの津波がきた。度々くる津波で被害を受けるのはたまらない。防潮堤を作るべき」という”賛成”の声があった。
これは、2015年9月のチリ地震津波で最大で1メートルの津波が三陸沿岸を襲った時のことを言っているはず。この時はカキなどの養殖施設が被害を受けたが陸上の被害はなかった。防潮堤を作るという議論には結びつかない。

A「防潮堤の高さは変えられない」という行政の主張。
表浜を含む牡鹿半島西部はすべて6メートルで建設することが、行政の大方針だ。

この点、を今日、宮城県土木部の担当者に改めて確認した。
「浜ごとに津波の高さが違うことは理解している。しかし、牡鹿半島西部はチリ津波の痕跡高で最も高い荻浜に合わせて6メートルで統一した。表浜だけ低くする根拠はない」。

唐桑半島の鮪立(しびたち)や、浦戸諸島の一部ではシュミレーションを再度行って高さを変更した。表浜の住民は長年の経験から他の湾に比べて津波が低かったことを根拠に、高さを再検討することを求めている。表浜の湾が北西に開いているのが理由である。

この点について、これまで3回の説明会でほとんど説明はなかった。

Bメデイアの”監視”の有無。
メデイアが取材に来たケースでも、”住民の声無視・強行突破”という例は枚挙にいとまない。何度も目にしてきた。仙台市蒲生や、石巻市雄勝などだ。

メデイアが取材に行かなかった場合はどうなのか。推測するしかない。しかし、例えばすでに6メートルの防潮堤が完成に近づいている隣接の大原浜の行政区長はこう話す。
「防潮堤には地区こぞって反対した。海が見えなくなるので内陸をかさ上げすることなどを提案したが、すべて退けられた。いつの間にか工事が始まっていた」。
画像

行政の暴走は何とかいったん止まった。これを機会に行政の担当者は露呈した問題点を冷静に検証すべきである。そして、住民にまともに向き合うという行政本来の姿に立ち戻るべきだと願う。皆さんは被災者、住民と敵対する立場ではないのだから。(了)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月14日 牡鹿・表浜 ”総意得られた” 知事が3日で白紙に 行政の劣化ここまで 震災日誌 in 仙台  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる