震災日誌 in 仙台  

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月20日 「石巻おでん」を魚のまちの食文化に〜具材の直売会

<<   作成日時 : 2018/01/20 21:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

石巻漁港近くの水産加工品メーカーの販売所で、おでんの具材の直売会が開かれた。売り場にはちくわや、揚げかまぼこ、、はんぺんなどの定番のおでん材料の他、牛タンのつくね入りのレトルト食品などが並んだ。工場直売の価格とあって、大判のはんぺんや、4枚入りの揚げかまぼこが100円と格安。10時の開店と同時に多くの市民が詰めかけ、おでん具材を買い求めていた。
直売会は産学・異業種連携グループ「石巻フードツーリズム研究会」の下部組織、「おでん部会」が主催した。

石巻市は東日本大震災で関連死を含め、自治体としては最も多い3977人が犠牲となった(2017年12月末現在)。地域経済を支える柱である水産加工業も壊滅的な被害を受けた。とりわけ石巻の練り物は1894年(明治27年)に始まったという長い歴史を持つが、生産高は震災前の半分程度にしか回復していない。
「石巻フードツーリズム研究会」は水産関連会社や、商工会議所、石巻専修大学などをメンバーに、地元の「食」を生かした観光開発を進めるため2016年6月に設立された。

議論をすすめる中で、「魚のまち」、「水産都市」と言われながら、地元の産品をどこで買えるのか、どこで食べられるのかもはっきりしない現状が浮き彫りになった。
「石巻おでん」を「魚のまち・石巻」固有の食文化に。合わせて販路拡大をはかろう、部会はこうして誕生した。直売会は昨年の11月、12月に続いて3回目である。
画像
画像

「おでん部会」会長で、山徳平塚水産社長の平塚隆一郎さん(58)がこう明かす。
静岡で開かれた「おでんフェア」に、練り物の産地だということで招待されたという。「全国的なイベントで、青森のショウガみそおでんや、姫路おでん、金沢おでんなど特色あるおでんが盛んに宣伝していた。”ところで石巻おでんはないの?”と聞かれ悔しい思いをした」。

「おでん部会」には水産加工会社の若手経営者や、缶詰メーカー、パン屋、石巻専修大学など10社が参加する、文字通り異業種連携組織だ。
おでんに入れてもさくさく感を保てるよう、茎の部分を活用したワカメや、ちくわをはさんだパンなど新たに開発された商品も並んだ。
なかでも「ぼたん焼きちくわ」は石巻が発祥だという。
画像
画像
写真上;昔の食感を再現した、ぼたん焼きちくわ。下;石巻専修大学経営学部教授・石原慎士さん。
ぼたん焼きちくわは、1904年(明治37年)石巻で初めて作られたという記録があるという。ぼたんの花のような形に焼き目がつくのでこの名がある。スケトウダラの他、アブラツノザメのすり身を使うので独特の食感があった。
その後大漁生産できるちくわ製造機が普及するなど、価格競争が激しくなる中で60余を数えた石巻のメーカーも3社に減っているという。
部会では昔の味の再現に取り組み、売り場には「石巻発・伝承焼きちくわ」が並んだ。


一定の品質をクリアした商品には「部会認定」認証を与え、取り扱い業者を募集してきた。半年足らずで取り扱い業者は70を越えた。順調なスタートと言える。
しかし、コーデイネーター役を務めてきた石巻専修大学の石原慎士(しんじ)教授(経営学)は課題はこれからだと話す。
「被災した水産加工メーカーは”グループ化補助金”などで苦境をくぐり抜けてきたが、その返済がこれから始まる。また、練り物やレトルト商品は中国などが安い価格で売り出し始めており、激しい国際的な価格競争の渦中にある。石巻のおでんの具材はとりあえず地元では知名度を上げることができたが、これを販路拡大につなげる努力が必要だ」。

被災した水産加工メーカーの多くが震災で販路を失った。何とか営業再開したものの、経営環境は震災前に比べて厳しいという。このように、地域の企業人が手を携えて販路拡大に乗り出したのは貴重だ。
「石巻おでんプロジェクト」の直売会は、このあと2月17日(土)、3月17日(土)におこなわれる。おでんは寒い季節のものというイメージだが、4月以降の戦略も検討したいという。(了)
*直売会の会場;カクト鈴木商店(石巻市魚町2−1−5)10;00〜14:00

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月20日 「石巻おでん」を魚のまちの食文化に〜具材の直売会 震災日誌 in 仙台  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる