震災日誌 in 仙台  

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月7日 多賀城市 石炭火発 報道陣しめ出して説明会〜住民軽視の姿勢変わらず

<<   作成日時 : 2017/06/09 12:17   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
仙台港で今月中にも試験操業を始める、出力11万2000kwの石炭火力発電所=仙台パワーステーション(以下仙台PS)。関西電力と伊藤忠商事の子会社が運営する。発電所に近い多賀城市八幡(やはた)の公民館で説明会を開いた。会場周辺は異様な雰囲気。仙台PSの職員が陣取り、訪れた報道各社を「入場お断り」と追い返していた。私も入場を断られた。「報道陣を入れないというのが地元の区長との取り決め」と言う説明だ。
押し問答を繰り返すなか、助け船が。すでに入場していた知り合いの多賀城市在住のKさんが、会場内から手を振ってくれた。「ああ、知り合いですか、どうぞ。写真はお断りです」と仙台PSの職員。”メデイアの人間ではない”と判断したのだろうか。
会場は60人余の住民で満席。仙台PS側が事業内容や環境への影響予測などを説明した。

この中で、宮城県の測定局のある周辺5か所について、二酸化炭素、二酸化窒素、それにばいじんの予測値を文書で明らかにした。増加する濃度はごくわずかで、いずれも環境基準を下回り、住民の健康への影響はないと強調した。
3月6日に初めて開いた説明会では口頭で述べただけで、文書で配布するのを拒んだデータである。
仙台PSの担当者は「私たちは事前のアセスメントを義務付けられていないが、アセスと同様の数値だ」と、胸を張った。
さらに、汚染物質の最大着地濃度地点が、発電所から北北西2,2キロの地点であるとの予測結果を明らかにした。多賀城市八幡地区に該当する。仙台PS側は明言しなかったが、暗にここであることを認めた。

住民たちからは健康被害を心配する声が相次いだ。
「環境基準以下であることと、健康被害がないことはイコールではない。また、公表した予測値はどの程度の期間をかけてはじき出したのか、はっきりさせない限り信用できない」。
ある女性はこう訴えた。
「かつてここから北西に4キロほどの場所で、東北電力の石炭火力発電所が操業していた。当時は『丸山ぜん息』と呼ばれるほど子どもの患者が増えた。その後天然ガスに切り替えられ、患者は目に見えて減った。ようやく戻ったきれいな空気を汚すことは許されない」。

七ヶ浜町代ヶ崎浜の東北電力仙台火力発電所では、昭和34年から平成19年まで17,5万kwの石炭火力発電所3基が稼働していた。CO2削減の要請などから1〜3号機は廃止され、2010年(平22)からは天然ガスの4号機が稼働している。なお、七ヶ浜町の南部にある出力98万kwの新仙台火力発電所はかつて重油や原油を使っていたが、2015年にはLNGに切り替えられた。

仙台PS側は、大気汚染の予測値をどんな手順で出したのかなど、具体的な説明は拒んだ。
画像
画像
写真上;仙台PSの配布資料から。上が南側。下:操業反対を訴える住民の抗議パレード。(5月28日)
大気汚染の予測値が最大である、多賀城市のデータが明らかにされないことにも疑問の声があがった。
「稼働前の測定値をはっきりさせないと、操業開始でどの程度大気汚染がすすんだのか判断できない。しかも、季節によって風向きは変わる。少なくとも1年間の観測データを積み上げることが必要だ」

これに対して、仙台PS側は宮城県の測定局のない多賀城市をはじめ、七ヶ浜町、仙台市蒲生の3か所で、独自に事前の観測をしたことを明らかにした。しかし、どの程度の期間観測したのかは「言えない」と拒んだ。

「数週間観測した程度ではアリバイづくりにしか見えない。少なくとも1年間観測データを積み上げない限り試験操業も延期すべきだ」。
住民の不安に応える答弁はなかった。

地元へのメリットを問う声にはこんな珍妙な答弁も。
「建設工事で多くの人が働いた。資機材の調達のほか、社員が出張でくれば宿泊するので地元に金が落ちる」。

さらに、排水量は1日あたり、2300トン。ノルマルヘキサン抽出物質、つまり油分が最大で6、9キログラムと想定されるとして、海洋汚染を心配する声には、こんな信じ難い答弁があった。
「油膜を検知する装置がありシャッターが閉じる。実際にはどのくらい油分の拡散を抑えられるのか、やってみなければ分からない」。
画像
写真;説明会終え、帰る住民たち。(6月7日午後8時すぎ)。
会場からはまだ発言を求める手があがっていたが、仙台PS側は時間がきたとして説明会を打ち切った。
翌8日夜に、八幡沖地区の公民館で行われた説明会も、やはり報道陣をしめ出して行われた。

住民の不安にまともに向き合おうとせず、法令の枠内なら何をやっても許されるという仙台パワーステーション。住民軽視の姿勢は終始変わらなかった。(了)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
住民ないがしろの企業ですね。キチンとした説明会ができないのはやましいところがあるからです。
権太くん
2017/06/12 08:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月7日 多賀城市 石炭火発 報道陣しめ出して説明会〜住民軽視の姿勢変わらず 震災日誌 in 仙台  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる