震災日誌 in 仙台  

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月2日 仙台港 ”杜の都を「石炭の都」にするな” 相次ぐ石炭火力発電計画に反発

<<   作成日時 : 2017/04/03 18:27   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
仙台港にまた一基石炭火力発電所が建設されようとしている。仙台港の高松ふ頭に四国電力と住友商事が出力11万2000KWの「仙台高松発電所」(仮称)を建設する計画だ。2018年度後半に着工、2021年度前半の稼働開始を目指している。市民向けの説明会が開かれ、およそ150人が参加した。

事業者側は「被災地の復興に貢献したい」と前置きした上で、事前に収録したビデオを会場に流す形で発電所の概要を次のように説明した。
○燃料は70パーセントを石炭、30パーセントを木材を燃やすバイオマスとする。
○最新の脱硫装置を設け、硫黄酸化物=SOXは19ppm以下に抑える。
○バイオマスを混焼することで二酸化炭素=CO2の排出量を減らし、同規模のプラントでは最高水準となる1KWあたり0,60kgーCO2を確保する。
○住民の健康や環境にどんな影響があるか、環境影響評価=アセスメントを行う。

仙台港ではこの発電所予定地から1キロほどのところで、関西電力と伊藤忠商事の子会社・仙台パワーステーションの石炭火力発電所が先行して建設されている。こちらはアセスメントにも応じないまま、この6月にも試験操業を始める予定だ。

2件目となる発電所は去年5月に施行された仙台市の条例に従ってアセスメントの手続きに入っている。
画像
説明会後半の会場とのやり取りで事業者側は”最新の設備”とか、”最高水準”ということばを繰り返し、排出規制に配慮していることを強調したが、矛盾点や疑問が残った。

仙台市内の医療関係者はこう質した。
『硫黄酸化物を19ppmに押さえると言っているが、同規模でその半分10ppmという火力発電所がある。最新設備とはとても言えない。とりわけ、ぜん息をひきおこすとされるPM2・5(微小粒子状物質)の調査手法が不十分だ。地域の努力で仙台のぜん息患者数は減ってきている。それだけ仙台の空がきれいになったということだ。患者を増やさないという確証がない限り、操業すべきではない』。
事業者側は「影響が出ないよう検討する」と答えただけだった。

説明では「地産地消型の発電形態めざす」とあったが、なぜか原料の石炭は輸入炭、木質バイオマスも主に北米から輸入。わずかに東北地方の未利用木材の活用を検討するとあるだけだ。原料の輸送だけでかなりの二酸化炭素を排出する。「二酸化炭素の排出量を最高水準の0,60kg/1KW]という説明はあやしくなってくる。

この点を質されると四国電力の担当者は「目指していきたいと思っている目標値だ」。あっさり認めた。
画像

同じような石炭火力発電所は全国で48基計画されている。このうち9基が被災3県に集中するからだ。石炭のコストが安いのに加え、地価が安い、原発に対応した送電網が整備されているからだ。しかし、温暖化対策に取り組むNPO法人「気候ネットワーク」の桃井貴子さんによると、このように近接した場所に2基の石炭火力が立地するのは例がないという。
『仙台パワーステーションとの複合汚染の恐れもある。この点についても事業者がきちんとアセスメントを実施するよう行政側は求めるべきだ』。桃井さんはこう指摘した。

会場からは
『私たちは震災の被害をようやく乗り越え、なりわいを再建しようと頑張っている。環境や健康への影響が心配される発電所は復興を阻害する計画を撤回すべきだ』。
『仙台のベースロード電源は足りている。経済性を重視するなら、地元四国でやるべきだ』。
これに対して事業者側は「厳しい意見があったことは肝に銘じる」と答えるにとどまったが、やり取りの中で四国電力の担当者は「私たちは地域共生を経営理念としている」とも発言した。
であれば、本拠地の四国だけでなく、立地しようとする地域の住民の意見は十分に考慮しなければならないはずだ。
画像

会場の前では、住民団体「仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会」のメンバーが署名活動をすすめていた。”杜の都を「石炭の都」にするな”と訴え、ひろく協力を呼び掛けている。(了)
*仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会:
  連絡先;022−795−7557(東北大学東北アジア研究センター・明日香研究室)
 URL:https://www.facebook.com/sendaipowerstation/


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月2日 仙台港 ”杜の都を「石炭の都」にするな” 相次ぐ石炭火力発電計画に反発 震災日誌 in 仙台  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる